11月の自然塾「森のドリームキャッチャー&ひっつきむしで魚釣り」

 

今月の自然塾は新しいプログラムからスタート!ツタのリースに好きな色のレインボー毛糸を巻きつけて、鳥の羽やドングルなど実もので飾ったドリームキャッチャーを作りました。

ドリームキャッチャーはインディアンの文化から来たもので「悪い夢は網にかかり、網をすり抜けた良い夢だけを見ることができる」というおまじないアイテム。

作り終わったらみんなで手作りのドリームキャッチャーをお披露目会。色とりどりの毛糸と羽でカラフルで個性的なドリームキャッチャーがたくさんできました。お家に帰ったら窓辺に吊るしてくださいね。

後半は自然塾プログラムの中でも人気の高い「ひっつきむしで魚釣り大会」。魚の形に切った大小様々な大きさの葉っぱを、オナモミを釣り針にして釣り上げるゲームです。大きな魚も小さな魚もどんどん釣り上げられて、その大漁っぷりに子どもたちも大喜び。オナモミのひっつき力には本当に驚きです。ですがこうやって服にくっついて運ばれて、そこで育っていくためには必要な力なんですね。

大漁で体も心も大満足、そして手作りのドリームキャッチャーでいい夢がたくさん見れそうですね。