8月の自然塾「森の冒険隊」

8月の森の冒険隊は、残暑の中での開催です。

 

蒸し暑い中、ウリクサ、ミズタマソウ、カタバミの小さな花々が爽やかな風を届けてくれるようです。見ているだけで涼を感じます。エックス山にはいつもたくさんの花が語りかけてきてくれますね。

kids-bouken_2-4

準備体操の後に自己紹介、そして熱中症に関する注意に耳を傾けます。今日も元気に、そして安全に、自然塾で楽しく学びましょう!

kids-bouken_2-5

今回のテーマは「セミのぬけ殻さがし」。たくさんのセミが大合唱中…ということは、それだけセミのぬけ殻があるはず。さて、どんなセミがいるのかな?

kids-bouken_2-6

kids-bouken_2-8 kids-bouken_2-7

セミのぬけ殻調査を長年行っている自然観察指導員の方も同席されているので、興味深い話もたくさん聴けました。セミのぬけ殻をよく見ると、種類によって形が全く異なります。セミの特徴から何のセミか判断できるフローチャートを使って、スタッフが用意したぬけ殻を見ながらそれぞれのセミの特徴やオス・メスの見分け方を学びます。同伴のお父さん・お母さんと一緒に考えながら見分ける姿も見られます。セミの一生についてお話を伺った後は復習を兼ねたクイズを。質問にも「はい!」と元気に解答。

kids-bouken_2-9 kids-bouken_2-10

さぁ、エックス山を探検しながらセミのぬけ殻を探しましょう!葉っぱの表や裏、木の幹、様々な場所で次々と発見。「あった!」「あそこにあるよ」など子どもたちの発見力は本当にすごい。高いところにあるぬけ殻は大人が手を伸ばして採取するなど同伴のお父さん、お母さんも夢中です。

kids-bouken_2-11

こんなにたくさん採取できました!スタッフも自然観察指導員の方もビックリ。最初はぬけ殻に触るのが怖いと言っていた子どもたちも、もう全く平気に。「いっぱいだね」「すごいね」と満足顔。

kids-bouken_2-12 kids-bouken_2-13

みんなで採取したぬけ殻を、種類ごとに分類。クマゼミ、ニイニイゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシはわかり易いのですが、アブラゼミとミンミンゼミの見分けがなかなか難しい。どちらの種類なのか、オスなのかメスなのか、お父さんとお子さんの意見がぶつかります。自然観察指導員の方に伺うとお子さんに軍配が上がり、喜ぶお子さん、悔しがるお父さんという微笑ましい光景も。子どもにとって自然の学び場である自然塾は、親と子が自然をテーマに、一緒に取り組みながら普段とは違うコミュニケーションが生まれるでもあります。

小さな調査員たちの活躍により、エックス山のセミの生態が見えてきました。自然塾は自然を通して子どもたちが様々なことを学ぶだけでなく、エックス山の生態研究や保護活動へとつながっていく、非常に貴重な場にもなっています。