9月も大勢の子どもたちが参加しました。今日はエックス山を探検するプログラム。見る・聞く・触れる・匂いを嗅ぐ・触れるといった五感を使って森の宝ものを探します。

スタッフから森が食物連鎖で成り立っているとことを教えてもらいました。森の中の至るところに、動物・植物とその生態の跡を見つけてもらい、森の中の生き物は全てつながり合いながら生きていることを感じてもらいます。

 

どんな花があったか、生き物がそこにいた痕跡があるか、森の中を探検しながら探してもらいました。見つけたらメモ。またこの季節だから花を咲かせる植物も観察してもらい、スタッフに教えてもらいながら花の名前も覚えました。

さて、みなさんどれくらい「生き物の痕跡」を見つけられたでしょうか。森の中にはたくさんの花、トカゲや虫、鳥など様々な生き物がそこに生きています。その1つ1つが心を育む大切な宝もの。それを感じてくれたのならとても嬉しいです。

後半は「動物クラフトづくり」。森にで見つけた葉っぱ、実、花、小枝等を使って、生き物を描いてもらいました。

大人は「何を作ろうかな」とまず考えますが、子どもたちは直感でどんどんパーツを置いて描いてきます。ハートだったり恐竜だったり、その想像力と作品づくりの集中力は目を見張るものがありました。

最後は作品発表会。どんなものを作ったか、工夫したこと、難しかったところなどをお話ししてもらいました。どの作品も創造性と想像性に溢れる素敵な作品ばかりです。

これからもエックス山での自然塾を通して、森からたくさんの学びと刺激を受けながら感性をより豊かにしていってもらえればと願ってやみません。